お問い合わせはこちら

後遺障害11級7号 500万円増額

相談前 

【事故の概要】
 相談者が青信号で自転車で横断歩道の横断を開始したところ、右折してきた乗用車と衝突した事故でした。
過失割合には争いはなく、損害額について争いとなりました。

【保険会社の提示】
保険会社の提示は
治療費         全額
通院交通費       全額
休業損害        65万円
通院慰謝料       90万円(通院9カ月)
後遺障害慰謝料     200万円 
後遺障害逸失利益    234万円 

というものでした。

依頼者は、損害額が正しいかどうかが分からないため、弁護士に見積もりを求め、見積もりの結果不当に安い金額であるため、増額の交渉を弁護士に依頼されることにしました。

相談後

 

休業損害は65万円→92万円

通院慰謝料は90万円→139万円

後遺障害慰謝料200万円→420万円

後遺障害逸失利益 234万円→445万円

と合計507万円の増額となりました。

訴訟となれば、逸失利益についてより高額の賠償が認められる可能性もありましたが、

賠償額が低くなる可能性もあったためこの金額で示談することとなりました。

弁護士からのコメント

等級の高い後遺障害の認定が下りている場合には、保険会社の提示額と妥当な金額との間には数百万円の差があることが多いです。

訴訟とならなくても、大幅な増額が認められるケースが多いです。

保険会社からの提示があった場合には、自分で判断するのではなく、必ず弁護士に相談にいかれることをお勧めします。

交通事故でお悩みの方は、自分の置かれている状況がどのようなものなのか確認するために、まずはお気軽に当事務所までご連絡ください。

当事務所では、廿日市市、東広島市、安芸郡(府中町、海田町、坂町、熊野町)の被害者の方にも気軽に弁護士に相談していただけるよう、電話相談や出張相談を実施しております(要予約)。

交通事故のご相談は電話相談・出張相談を含め相談料は初回無料となっています。